Case Study ホーム

iPresenceホーム動く電話テレピー

動く電話テレピー

"単身赴任でもテレピーを使って遠くからでも
食事を一緒にできることで家族団欒できています。"

iPresence初の自社制作となる小型テレプレゼンスアバターロボット”動く電話テレピー”は【離れて暮らす家族をつなぐ遠隔通話用卓上ロボ】としてMakuakeのクラウドファンディングでデビュー。
コロナや仕事の影響など離れて暮らす大切な人がいる方に向けて開発。左右360度見回せる動く電話テレピーを食卓に置いておけば、自分の意思で家の中を走り回る子供を追いかけながら周辺の様子も見回すことができたり、ご飯を食べる時もきちんと話している家族の顔を見ながら、まるでそこにいるかのような感覚で遠隔コミュニケーションを楽しめたりする。従来のビデオチャットにおける”ただの画面上の人”という印象も、動く電話テレピーという存在になることで空間までも共有できるようになる。
大事なパートナーや子供達、年配の両親や兄弟、いとこなど親戚の家にテレピーをおいて、「今日はちょっと一緒にご飯食べようよ」と声を掛け合って、みんなで団欒の場を楽しんでいただきたい。

↑