Case Study 建築

iPresence建築ArchiTwin

ArchiTwin

"今まで手間が多くかかっていた現場のスキャニングと
そのデータの管理がスムーズになることを期待しています。"

建物全体の作りを細かに解析し、デジタルデータ化、ブラウザ上で建築物の構造を360度立体的に図面化できることで、未来における改修工事や災害時の復興作業に役立てることができる。
またPC上で現実の状況を把握した上で、デジタル世界においてシュミレーションやオペレーションの変更などの実験を行い、効果が出たものを現実社会にフィードバックすることも可能。
その他、事前に図面を共有し、テレロボを現場に設置、遠隔操作しながら見回れるようにすることで、遠く離れた場所からでも作業現場の適切な管理・監督作業が行えるようになる。

  • 使用テレロボ:
  • Matterport
↑