News

iPresence最新情報【世界遺産 比叡山延暦寺】おうみ発630でデジタルツイン映像が放映【NHK大津放送局】

【世界遺産 比叡山延暦寺】おうみ発630でデジタルツイン映像が放映【NHK大津放送局】

琵琶湖から見る比叡山

琵琶湖から見る比叡山

ユネスコ世界遺産”比叡山延暦寺”

1200年の歴史と伝統が世界に高い評価をうけ、1994年(平成6年)にユネスコ世界文化遺産に登録された比叡山延暦寺
2016年(平成28年度)から約10年をかけて、国宝・根本中堂の修復ならびに重要な文化財である仏像や廻廊を大改修しています。

おうみ発360で比叡山延暦寺・根本中堂のデジタルツイン映像が放送

2022年現在、大改修も折り返しに差し掛かり、NHK大津放送局おうみ発630では3回のシリーズにわたり、「比叡山のいま」が放映されました。
根本中堂・文化財・自然をテーマに修復の様子や歴史をくつがえす事実、保護活動などが伝えられており、同番組内ではiPresenceが提供した根本中堂のデジタルツイン映像もあわせてご覧いただけます。
デジタルツインとは:リアルな空間をデジタル上にコピーした現実と双子の関係性になる概念。過去の保存として、情報共有として、状況把握のためにリアルタイムセンシングと組み合わせて、未来を予測するためにシミュレーションツールとして活用が期待されています。

根本中堂のデジタルツインイメージ

根本中堂のデジタルツインイメージ

比叡山特集のオンデマンド配信開始

数回にわたって焼き討ちにあいながらも、多くの僧や職人によって守り伝承されてきた比叡山延暦寺。
先人が遺した技術や知恵、長い歴史の一端に触れられる貴重な映像となっていますので、ぜひご視聴ください。
(※オンデマンドでの配信は放映日から最長2ヶ月の限定視聴となっています。あらかじめご了承の上、お早めにご覧ください。)

・第1回:2022年8月22日放送【国宝大改修!比叡山延暦寺】根本中堂 色彩の秘密!

https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/omi630/472538.html
(※2:22-2:35のあたりにデジタルツイン映像が使用されています)

・第2回:2022年8月30日放送【国宝大改修!比叡山延暦寺】歴史をくつがえす新発見が!

https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/omi630/472689.html

・第3回:2022年9月9日放送【世界遺産 比叡山延暦寺】大自然の中で育まれた教え

https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/omi630/473248.html

比叡山延暦寺 根本中堂のVRウォークスルー・AR体験

比叡山延暦寺 根本中堂 VRウォークスルー

【実施期間】2021年(令和3年)4月29日(木・祝)〜2026年(令和8年)3月末(予定)
世界中どこからでもWebブラウザから⼀般公開されていない文化財修復現場や、不滅の法灯が安置されている内陣などをバーチャル上で隅々まで歩き、臨場感溢れる文化財を体感いただけます。
国宝・重要文化財ならでは珍しい屋根の葺替や蟇股彫刻の彩色修理など、ウォークスルー上に設けたポイントでは大改修の様子も映像でご紹介しています。

VRウォークスルーイメージ(蟇股)

VRウォークスルーイメージ(蟇股)

比叡山延暦寺 根本中堂 AR体験

【実施期間】2021年(令和3年)4月29日(木・祝)〜2026年(令和8年)3月末(予定)
【利用場所】比叡山延暦寺東塔にてご利用いただけます(ご利用無料)
根本中堂周辺等に設置された7ヶ所のポイントでカメラをかざすと大改修完了後の根本中堂が登場。
極彩色豊かな根本中堂外観や色鮮やかに蘇った蟇股など、参拝者の方々に本来の根本中堂の姿を体感いただけます。

AR体験イメージ

AR体験イメージ

AR体験はスマートフォンにアプリをダウンロードの上、ご利用ください。

アプリダウンロード用QRコード

アプリダウンロード用QRコード

今しか見られない技術の融合

60年に一度行われている大改修。
現地で行われている改修および解析作業や未来を見据えた保護活動は、普段生活している中では決して見ることのできない、知り得ないことばかりです。
長い時間のほんのひとときを我々人間は生きていて、命のリレーをつなぎ、次の世代へ渡していっている事実、先人が遺した技術と30年、50年、100年先を見据え活用されている現代技術の融合に言葉では表しきれない感動を覚えました。
比叡山特集は1回10分程度の放送時間となっており、動画の再生画面右上にあるねじマークで再生速度の変更も可能です。
ぜひご覧いただき、1200年という長い歴史の一端を感じてみてください。

↑