For Event

Event Solution

イベントシーンでのソリューション

今までにないスタイルで展示会やセミナーなとに参加できます。
ゲストへの特別な体験としてや、スピーカーの移動コスト削減など様々なシーンで活用されています。

  • イベント支援

    様々なイベントへの参加の方法の幅を広げるのとイベント自体にも最先端のイメージを紐付ける事が可能となります。 https://www.dropbox.com/s/73i9barlfz60jgz/Case%20Study%20iPre%EF%BC%88The%20Lab%EF%BC%89.pdf?dl=0

    イベント支援
  • 遠隔参加

    どこからでも、どこのイベントへの参加も可能になります。必要なものは自宅のパソコンとイベント会場に設置するリモートプレゼンスロボットだけ。アクセス先の臨場感が存分に味わえます。

    遠隔参加
  • 美術館/ギャラリー

    常設展示、特別展示など、美術館やギャラリー、イベントホームページからワンクリックでその空間への接続とその空間を歩きまわり、アテンドの現地担当者とともに展示を見ることが可能です。

    美術館/ギャラリー

CASE STUDY

リモートプレゼンスソリューションはすでに様々な場所に導入されています。

  • TEDxKOBE

    導入目的

    TEDxKOBE Case Study 1 TEDとはTechnology、Entertainment、Designの頭文字をとり、同分野で「広める価値のあるアイデアを広めよう(Ideas worth spreading)」をコンセプトとする世界的なプレゼンテーションイベントだ。
    TEDxとはその本体からライセンスを取得した独立団体が主催、企画、運営を行うイベントで、その神戸版である”TEDxKOBE”は、沢山の文化の交じる神戸から独自の価値あるアイデアを発信していきたいと願う有志によって開催された。

    iPresence は、”Technology”の分野で最先端のリモートプレゼンスソリューションを提供するインカインドパートナー企業としてサポートを行った。

    Kubi

    TEDxKOBE Case Study 1 ① 専用アプリ KUBI Animate(映像と KUBI の動きをループで録画再生可能)を使い、受付で来場者に挨拶を行たり、アクティビティスペースではその空間の説明をさせた。
    予め録画したスタッフやオーガナイザーのメッセージに合わせて KUBI が動く事により、より注目を集めるデジタルメッセージ配信の仕組みを提供した。

    ② 本会場と、別フロアのキッズスペースを、KUBI でつなぎ、子どもたちが遊んでいる姿を大画面で確認をしていた。
    また、子どもたちも動くKUBIロボットを通じて、大人たちとの会話を楽しんでいた。

    Double

    TEDxKOBE Case Study 1 ① 長野や横浜にいる他の地域の TEDx オーガナイザーが DOUBLE を通じて、遠隔で参加することを実現した。
    実際に会場内やアクティビティスペースを動き回りながら TEDxKOBE への参加者の方々と会話を楽しんでいた。
    また、遠隔でのアクセスのない間は一般のイベント参加者にその場でスマートフォンを利用し、DOUBLE で会場内を動き回り、同時に別の場所にいる感覚も味わってもらった。

    ② 長野にいるオーガナイザーが TEDxKOBE のステージに登壇し、挨拶を行った。
    画面に映っている人が長野にいるということを説明すると、会場内でおもしろい、すごい、という感嘆の声があった。

    参加した感想

    「見た目よりも簡単に操作ができるし、気軽に・距離に制限なく接続と移動ができるという初めて体験が楽しかった」との感想を頂いた。
    DOUBLE と KUBI により全くの別空間をユニークに繋げる事と先端技術を利用したイベントというイメージ付けに成功した。