For Business

Business Solution

ビジネスシーンでのソリューション

iPresenceのコンセプト、「そこに居ずにそこに居ること」をお客様と共にお客様の環境に合った様々なシーンで実現し、
より確かな存在感を与える新たなコミュニケーションスタイルを実現します。

  • 遠隔会議

    テレビ会議に動きをつけるリモートプレゼンスロボットを活用して、今までのテレビ会議とは違う臨場感と存在感を遠隔会議に。
    その会議に必要なキーマンがKUBI等で自宅や他のオフィスから参加してくれる。

    遠隔会議
  • 在宅勤務/リモートワーク

    現在のビジネスシーンでは技術を持ったエンジニアや産休中/後の社員等の在宅勤務を取り入れる企業が増えており、厚生労働省からも職場意識改善助成金(テレワークコース)といった補助が可能となっています。

    他の通常のウェブ通信ツールの場合、会話を行う際や会議に参加する際にはやはり事前に予定合わせが必要だったり、なかなか会議での臨場感にも物足りなさや不便さも感じる事も多いようです。
    そこで、より自分の存在をオフィス内に反映してくれ、頭を自由に動かせる機能や通話ボタンを押してもらわなくても、常時通信が可能な iPresenceソリューションが効果を発揮します。
    例えば「KUBI」 を使うと、常時、会社につないでおくことで、会社での雑談も聞こえ、リモートワークとして「KUBI」 を操作している側の両者にお互い気を使うストレスも少なく、まるで本当に会社で働いているかのような感覚で仕事ができるという声も頂いています。

    在宅勤務/リモートワーク
  • 接客/受付

    複数の無人受付を一つの拠点からKUBI設置等で管理することによる人件費削減等が可能です。

    接客/受付
  • 営業支援

    営業先でモビリティの高いKUBIを利用して遠隔でエンジニア、上席者や資格保有者等に参加してもらい、営業をより円滑にすすめることが可能です。

    営業支援
  • 通訳

    オンラインにてその都度必要な通訳オペレーターと遠隔で接続し、接客や医療現場での利用が可能です。

    通訳

CASE STUDY

リモートプレゼンスソリューションはすでに様々な場所に導入されています。

  • Eyes, Japan

    導入目的

    Eyes, Japan Case Study 1 株式会社Eyes,JAPANとは、システム開発、アプリケーション開発、WEBサイト企画制作や、ネットワーク構築・運用・保守管理等を行う福島県会津若松のIT系会社である。

    Eyes,JAPANでエンジニアとして働く真水さんは、結婚を機に職場から遠い実家に戻ることを考えていたため会社を辞めるかどうか、悩んでいた。

    そこで上司に相談したところ、会社としても長く努めてくれ、スキルも高い人には残ってほしいという希望もあり、折衷案として、実家からリモートワークをすること提案し、清水さんとしてもそれを承諾した。
    当初はスカイプを使用していたが、会話を行う際や会議に参加する際には、やはり事前に予定合わせが必要だったり、なかなか会議での臨場感にも物足りなさや不便さも感じていた事もあり、より自分の存在をオフィス内に反映してくれ、頭を自由に動かせる機能や通話ボタンを押してもらわなくても、常時通信が可能なKUBIを導入した。

    効果

    Eyes, Japan Case Study 1 真水さんも「KUBIを使って、常時、会社につないでいるので、会社での雑談も聞こえますし、まるで会社で働いているかのような感覚で仕事ができる点が魅力だと思います。
    あと、KUBIを置いている会社側、リモートワークとしてKUBIを操作している側の両者にお互い気を使うストレスも少ないというメリットも感じます。

    例えば、わざわざ、会社側の人に通話ボタンを押してもらわなくても会社につなぐことができますし、会議では、テーブルにKUBIを置いておくことで、操作側が自分の意思で回転し、見たいところを見ることができ、会議でも話の内容や話者に集中することができ、実際に参加している感じがあります。」と好印象を語っていただいた。

    職場の様子

    Eyes, Japan Case Study 1 社内でのKUBIに対する声は、「ただ固定された画面に映像が出ているよりも、KUBIの方が一緒にいる感じがあって良い」「KUBIが『動く』と嬉しい、存在感が増す」というものであった。
    リモートワークをしている者の意志で自由に操作ができる点に魅力があるようだ。

    今後の展望

    現在、Eyes Japanでリモートワークをしているのは、真水さんだけであるが、今後、他にもリモートワークをしたいという人がいれば、その人たちにもこの仕事スタイルを推奨したいと考えている。